本文へスキップ

ここから本文

活動拠点紹介

小さな森

みどりを守り育くんでゆくという想いを持った、個人所有のお庭などを「小さな森」として登録しています。野鳥や昆虫がやってくる庭、街中にみどりの風景をつくっている庭、夏場の緑陰を楽しめる庭など、「小さな森」は地域に潤いを与えてくれています。
「小さな森」は、それぞれに愛着を持つボランティアの方々のお手伝いによってオープンガーデン(一般公開)を行っています。

※「小さな森」は公開日以外入場できません。公開日は、随時ホームページのイベント案内、イベントカレンダー等でお知らせします。所在地については、お申込みいただいた方にご案内します。

奥沢二丁目小さな森 新しく誕生しました

奥沢二丁目小さな森写真「自由が丘」「緑が丘」「奥沢」、いずれの駅からもアクセスの良い場所に、ベニカナメの生垣に囲まれた「奥沢二丁目小さな森」はあります。今でも海軍村の面影が色濃いこの地域。昭和初期の趣を残した住居のその庭は、中央に金魚の泳ぐ池があり、その周りを築山の園路が囲みます。高野山から取り寄せたというコウヤマキ、祖父の故郷の小豆島からのオリーブの他に、昔ながらのアカマツ・クロマツ、スダジイ、ハクモクレン・ツバキ、ツツジ…と様々に植えられ、カキやカリン・ウメ・キンカン・ビワなどと実のなる樹木も多くあるここは、それを啄みに鳥たちも憩う「都会のオアシス」。家あっての庭であり、庭があってこその家・・・当たり前のことなのに、なぜかノスタルジックで温かい気持ちにさせてくれる場所です。

  • 面積:約260平方メートル
  • 公開日:年に数回 (随時ホームページのイベント案内でお知らせします)

岡本三丁目小さな森

岡本三丁目小さな森写真岡本三丁目小さな森は、国分寺崖線上の閑静な住宅街にある邸宅の庭。春はウメやソメイヨシノ、夏はアジサイやサルスベリの花が咲き、秋にはイロハモミジやスモークツリーなどの木々が紅葉し、冬にはその色鮮やかな落ち葉が絨毯のように庭を覆い尽くし、四季を通して様々な色彩を楽しませてくれます。
「庭は自然に近い状態で維持したいと思います。草木に蝶や昆虫がやってきて、野鳥がさえずり、人が憩う。落ち葉などで近隣にご迷惑をかけますが、自然と共生する意識を持つことも必要ですよね」とおっしゃる所有者の方のご意向から、落ち葉や雑草も落ち葉だめで堆肥にし、腐葉土として循環させています。

  • 面積:約80平方メートル
  • 公開日:年に数回 (随時ホームページのイベント案内でお知らせします)

上野毛三丁目小さな森

上野毛三丁目小さな森写真国分寺崖線の斜面樹林地がそのまま裏庭になっている上野毛三丁目小さな森。その斜面からは湧水の湧き出し箇所がいくつか見られ、敷地内にはそれらが集まってできた池があります。
所有者の方がこちらに住まわれて約40年。一度も枯れたことのないという湧水ですが、「それでも以前はもっとたくさん湧き出ていて、池の面積ももっと大きいものでした。それに朝は、鳥の声で目が覚めるほどでしたよ」とおっしゃいます。
決して大きな場所ではありませんが、こうしたみずとみどりが一帯となって残されていることから、サワガニや昆虫類、野鳥といった生き物たちが多く生息する貴重な緑地空間です。

  • 面積:約130平方メートル
  • 公開日:年に数回 (随時ホームページのイベント案内でお知らせします)

成城三丁目小さな森

成城三丁目小さな森写真成城三丁目小さな森は、当財団が保全管理するなかんだの坂市民緑地に隣接する国分寺崖線沿いの斜面部に位置します。
「ここは“蝶道”になっているので、色々な種類の蝶が本当によく観察できるんですよ」とおっしゃる所有者ご夫妻。訪れる度にクロアゲハなどの蝶がヒラヒラと飛んでいる姿を見かけます。
崖線上にある庭は、レンガを用いて階段状に造られています。斜面の傾斜に併せていることから、テラスや花壇がその場に応じて造られていて、それがまた趣向のある空間を生み出しています。また、晴れた日には遠く富士山や愛宕の山々を望むことができる眺望は絶景で、この庭の大きな魅力の1つです。

  • 面積:約500平方メートル
  • 公開日:年に数回 (随時ホームページのイベント案内でお知らせします)

赤堤一丁目小さな森

赤堤一丁目小さな森写真小田急線の経堂駅や豪徳寺駅が最寄りの住宅街に位置します。
お庭もさることながら、所有者の方の四角いご自宅の建物は一面みどりのツタに囲まれ、「みどりのキューブ」となって視界に飛び込んできます。「『みどりのキュービック』の管理は、剪定や落葉掃き等、維持が大変」と所有者のお話。せたがやガーデニングコンクールのたてもの部門で優秀賞を受賞されました。
建物のみどりとお庭のみどりとが一体となった小さな森は、様々な庭木や草花、池にはメダカが泳いでいるなど、心地よい自然空間となっています。

  • 面積:約60平方メートル
  • 公開日:年に数回 (随時ホームページのイベント案内でお知らせします)

松原四丁目小さな森

松原四丁目小さな森写真「松原四丁目小さな森」は閑静な住宅街の中にあります。
家からお庭に続くウッドデッキ、そして庭を囲むように玄関からつながるレンガのアプローチ。ウッドデッキの中心にあるフリーシアをはじめ、フェイジョア、ジューンベリー、四季咲きミモザ、ヤマボウシ、カラタネオダカマなどの特徴的で魅力的な木々が植えられています。
花で色づく春、夏のみどりの木陰、秋の黄葉、冬の陽だまり中で四季をとおしてお庭でお茶が楽しめそうな、訪れる人をホッとさせる癒しの空間を創り出しています。

  • 面積:約95平方メートル
  • 公開日:年に数回 (随時ホームページのイベント案内でお知らせします)

豪徳寺一丁目小さな森

豪徳寺一丁目小さな森写真小田急線豪徳寺駅の近くに、「豪徳寺一丁目小さな森」は位置します。
家に沿って一歩進むと、外からは隠れた奥行きのある和風の庭が広がります。そこにはアジサイ・ウメ・カエデ・ツツジ・・・などがバランスよく配置され、周りの小さな草花と調和して、穏やかに季節の訪れを知らせてくれます。
昔懐かしい縁側は、ほっと一息、談笑したくなる場所。 日当たりのよいその庭で、猫たちが遊ぶ様子に心和み、時間を忘れてゆっくりと過ごしたくなる陽だまりの空間です。

  • 面積:約350平方メートル
  • 公開日:年に数回 (随時ホームページのイベント案内でお知らせします)

尾山台二丁目-Ⅱ小さな森  

尾山台二丁目-Ⅱ小さな森写真環状八号線を横切り一歩足を踏み入れると、喧騒を離れた静寂な住宅地が広がります。 その一角に「尾山台二丁目-Ⅱ小さな森」は誕生しました。
「実のある木」と「草花」のバランスを意識しながら、配置したお庭です。 所有者は、都会にいながらも、自然の恵みと上手につきあい、季節がくると、実を摘み、花や香りを愛でながら、ジャムや果樹酒を作ったり、梅干しをつけたりとお庭とゆったりと向き合っています。
晴れた日には、鳥たちも遊びに来て、実をついばむ愛らしい姿を観るのも楽しみの一つ。 肩肘張らずに、みどりと対話するのが身近に感じられる空間です。

  • 面積:約100平方メートル
  • 公開日:年に数回 (随時ホームページのイベント案内でお知らせします)

成城四丁目小さな森   

成城四丁目小さな森写真小田急線「成城学園前」から、野川方面へ10分ほど歩くと「成城四丁目小さな森」に到着します。
所有者は限られたスペースの中に、生き物たちのつながりを創出するため、自ら池を掘り、山場を設けるなど、生き物が遊びにくるように、様々な工夫を施し、ビオトープを作りました。
主役は、日本の野草。葉っぱを中心に組み合わせ、そこに可憐な花が順番に咲いていきます。季節が巡る度に、「そこにあったのか」とその佇まいに心が和む、生き物が集う「発見の庭」。
広大な土地でなくても、ちょっとした工夫で、生物多様性の空間が実現出来るヒントを、ここに見つけることができます。

  • 面積:約80平方メートル
  • 公開日:年に数回 (随時ホームページのイベント案内でお知らせします)

羽根木一丁目小さな森

羽根木一丁目小さな森写真 「羽根木一丁目小さな森」は東松原駅から徒歩数分、平成26年3月末に誕生したテラスハウスのお庭です。
生き物と共生することを考えたエコガーデンとして、これから育てていくスペースです。シンボルツリーのエノキ、 ウエルカムツリーのコナラを中心に、特にチョウが訪ねてくるような仕掛け…例えば、ジャコウアゲハの好きなウ マノスズクサや、カラスアゲハの好きなコクサギ、ムラサキシジミが好きなシラカシなどを植えました。
人が歩く平らな部分は、野芝やイワダレソウで、また壁面は、ツルアジサイ、テイカカズラ、オオイタビ、キジョランなど、 いずれも在来種で緑化しようというのも特徴です。
みどりを、個人で「増やし育てる」…4月1日スタートしたばかりのこの場所が、これからどのように緑化されていくのか、注目です。

  • 面積:約85平方メートル
  • 公開日:年に数回 (随時ホームページのイベント案内でお知らせします)

北烏山三丁目小さな森

北烏山三丁目小さな森写真 甲州街道から松葉通りに入り、少し歩いた場所にあるお庭が「北烏山三丁目小さな森」。
敷地にはモチやキンモクセイ、サルスベリが木陰を作り、和と洋が混在した花木類が庭の骨格を成し、その隙間をハーブが埋めています。季節になると、オールドローズを中心としたバラがそこかしこに咲き誇るのが特徴的。
所有者はウィリアム・モリスや林達夫に深く傾倒し、ご自身なりにその思想のエッセンスを、作庭に生かそうとつとめていらっしゃいます。今後、目指しているのは「花も実もある庭」とのこと。
潤うみどりで空間を絵のようにデザインされているのが伝わってくる小さな森です。

  • 面積:約250平方メートル
  • 公開日:年に数回 (随時ホームページのイベント案内でお知らせします)

羽根木二丁目小さな森

羽根木二丁目小さな森写真 昭和初期から住み続けられて、住まいの移り変わりに応じて姿を変えてきたお庭です。3代にわたる思い出が重ねられています。場所は、井の頭線「東松原」駅から徒歩数分の住宅地。
ソヨゴの生垣を目印に、一歩中に入ると、昔から家を守るアカマツやモッコク、白い花を咲かせるジンチョウゲやコブシ、エゴノキなどが茂り、木々の足元では、日陰を好むシダの間から様々な草花が愛らしい姿をのぞかせます。そこに生える灌木や草花には鳥が運んできたものが多くあるそう。小さな庭は、窓ごとに違ったみどりを見せてくれます。
ここの住まいは、すでに地域共生のいえ「在林館」として開かれています。この場所が、人と人、人とみどりのつながりを深める場になればと、そのお庭も「小さな森」として登録されました。

  • 面積:約100平方メートル
  • 公開日:年に数回 (随時ホームページのイベント案内でお知らせします)

成城コルティ小さな森

成城学園前駅に直結する「成城コルティ」。コルティとはイタリア語の中庭を意味するcortile(コルティーレ)の造語で、成城らしいみどり溢れる「中庭」の意味をこめて名付けられたそうです。その4階にある2つの屋上庭園が「小さな森」に登録されました。
東側(雑木林の丘)は、成城に見られた雑木林をイメージした木立で、新緑や紅葉などで季節感が感じられます。一方の西側(オリーブの庭)は、その名の通りオリーブなど柑橘類や草花など西洋的な庭で、休憩もでき、晴れた日は富士山も眺めることが出来ます。「成城コルティ」の営業時間内は、基本的にご自由に散策が可能です。
成城コルティ小さな森写真

  • 面積:約850平方メートル
  • 公開日:成城コルティ(成城6-5-34)の営業時間内( 10:00 ~ 22:30 )

グランダ上野毛小さな森

グランダ上野毛小さな森写真 上野毛の閑静な住宅街の中、2015年3月にオープンした老人ホームのお庭です。
外から覗くのびのびと育つ樹木の様子に「お庭を見てみたい」というお声も頂戴することから、地域の方々にも開かれたスペースになることを願って登録された「小さな森」です。シンボルツリーであるハナモモを中心に、サツキやツツジ、アジサイ、キンモクセイ、ジンチョウゲなどが季節ごとにお庭を彩ります。カキ、プラム、ブルーベリーなど実のなる木があるのも特徴の一つ。中には入居の方々と育てている菜園コーナーもあり、次に何を植えようか楽しみに考えているそうです。

  • 面積:約500平方メートル
  • 公開日:年に数回 (随時ホームページのイベント案内でお知らせします)

喜多見七丁目小さな森

喜多見七丁目小さな森写真 喜多見駅から野川沿いのきしべの路を次太夫堀公園へ向かう道から少し入ったところに位置する小さな森です。ご両親の時代からある築山と石灯篭を中心に、ご主人が回廊を設けた「ミニ回遊式築山泉水庭園」には、ノウゼンカズラやツバキ、ウメ、アンズ、スイフヨウ、アヤメ、エビネやモミジと多種多様な植物が植えられています。また奥さまが丹精込めて育てている「洋風菜園」には、季節の野菜やハーブが植えられ、食卓を彩っているそうです。
付近は野鳥観察のスポットにもなっており、鳥たちが羽を休める空間にもなっています。

  • 面積:約230平方メートル
  • 公開日:年に数回 (随時ホームページのイベント案内でお知らせします)
問合せ 小さな森担当  電話:03-6407-3311
ページ上部へ