本文へスキップ

ここから本文

みどりの保全・創出制度

小さな森制度

あなたのお庭を地域のオープンガーデンに

「小さな森」とは、野鳥や昆虫など自然生態の保護や、まちに潤いを与えてくれる民有の緑地を登録することにより、区民共有の財産である都市の貴重なみどりを保全する制度です。

区民の方々に、みどりを保全することの大切さについて知ってもらうために、公開日を設けてオープンガーデンを開催しています。

制度概要一覧

対象となる
土地
50平方メートル以上でひとかたまりの民有地であること。
公道などから緑地への通路が確保できること。
申請できる方 対象土地の所有者であり、みどりを育む意識があること。
登録期間 3年間(更新可能)
公開方法 ご相談により、公開日時などを決めてゆきます。
登録のメリット 必要に応じて庭づくりのアドバイスを受けられます。
また公開することにより、たくさんの方々と一緒にみどりを愛でることができたり、
地域の交流が生まれたりします。
注)税減免、維持管理の費用軽減などはありません。

※常時、小さな森の登録を受け付けていますので、お気軽にご相談ください。その他、詳しい要件等については財団までお問い合わせください。

問合せ 小さな森担当  電話:03-6407-3311
ページ上部へ