本文へスキップ

ここから本文

世田谷のトラスト運動

成城みつ池を育てる会

成城みつ池を育てる会活動様子 東京都の緑地保全地区と世田谷区の特別保護区に指定されている、『成城みつ池緑地』。この緑地の基本整備方針を、多くの区民の参加を得て考えようと、平成13年から2年間「成城みつ池を考える会」として毎月1回会議が行われ、平成15年3月に基本整備方針が決定しました。これを受け、区民参加で守り育てる活動を進める母体として、平成15年4月、『成城みつ池を育てる会」が誕生し、基本整備方針に沿った内容で、区民参加による樹林地保全活動を行っています。

主な活動

1.生物調査

植物開花調査、植生調査、毎木調査、生物調査、標本づくり

2.管理作業

剪定、下草刈り、落ち葉かき、腐葉土づくり

3.自然観察会

年4回の観察会に、来場された方に保護区の魅力を解説しています。

4.活動報告書の作成

主なフィールド

神明の森みつ池特別保護区(成城四丁目)、財団ビジターセンター

活動日

毎月第一土曜日 午前10時~午後3時(午前中は財団ビジターセンターにて定例会を行います)
毎月第二・四木曜日 午前10時~午後3時

平均的な活動人数

35人

募集形態

随時募集しています。

ページ上部へ