本文へスキップ
  1. HOME
  2. トラストまちづくり事業
  3. 活動拠点紹介
  4. 文化財等が保全された 身近な広場

ここから本文

活動拠点紹介

文化財等が保全された 身近な広場

当財団では、歴史的に貴重な建築や庭園を保全している「身近な広場」についてボランティア団体と連携して管理・公開業務を行っています。

身近な広場・利用案内(3施設共通)

  • 開園時間:午前9時30分より午後4時30分まで
  • 休園日:毎週月曜日(但し、月曜が祝日の場合は次の平日)と年末年始(12月29日~1月3日)
  • 入場無料
  • 各施設とも駐車場はありませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。

成城五丁目猪股庭園 問合せ03-6407-3311

成城五丁目猪股庭園旧猪股邸は、(財)労務行政研究所の理事長を務めた故・猪股猛氏ご夫妻の邸宅として建てられたものです。

主屋は、文化勲章を受章した建築家・吉田五十八氏の設計によるもので、武家屋敷風の趣がある数寄屋造りの建物です。内部は、伝統的な和風建築に見られる柱や長押、天井の回り縁といった部材をできる限り取り除き、すっきりとした吉田流と言われる近代数奇屋の特徴が随所に見られます。

また、邸内には、アカマツやウメ、モミジをはじめとする多くの樹木や、庭に面した一帯にスギゴケを植え、一部に水路を配し、その廻りに園路を巡らせた回遊式の日本庭園となっています。

1月と8月は庭園保護の為、庭園路の散策はお休み致します。建物内の見学のみとなります。

≪ご協力のお願い≫
素足でご来園のお客様につきましては、建物の保護のためできるだけ靴下をご持参、ご使用いただきますようご協力をお願い申し上げます。

所在地:世田谷区成城5-12-19  案内図はこちらから

  • 面積:1,861.7平方メートル

交通

小田急線「成城学園前」駅下車 北口または西口徒歩7分

団体(10名以上)でのご見学は、事前にファクシミリでお申し込みください。
成城五丁目猪股庭園団体見学申込書【pdf126kb】
成城五丁目猪股庭園団体見学申込書【MS-word】

瀬田四丁目広場(旧小坂家住宅) 問合せ03-3709-5471

瀬田四丁目広場 国分寺崖線沿いの豊かな自然のなかに点在した瀟洒(しょうしゃ)な近代建築は、世田谷の近代建築のなかでも独特な景観を造り上げてきました。残念ながら別邸として現存するものは、瀬田四丁目広場として公開している旧小坂家住宅の1棟のみとなってしまいましたが、今もなおこの周辺がみどりの多い良好な住宅地として位置づけられているのは、このような歴史的景観を持つ屋敷構えが、その基盤として存在するからでしょう。

旧小坂邸も崖線上の縁辺部にあり、敷地の約半分は斜面地となっています。邸内は、かつて別邸として使われていた当時の姿をよく残しており、自然と建物が一体となった緑地空間が広がっています。

所在地:世田谷区瀬田4-41-21  案内図はこちらから

  • 面積:9,466.25平方メートル

交通

東急または、小田急バス(二子玉川駅~成城学園前駅)「吉沢」下車 徒歩8分
東急バス(千歳船橋~田園調布駅)「玉川病院入口」下車徒歩7分
東急バス(二子玉川駅~成育医療研究センター)「玉川病院」下車 徒歩2分

団体(10名以上)でのご見学は、事前にファクシミリでお申し込みください。
瀬田四丁目広場(旧小坂家住宅)団体見学申込書【pdf223kb】
瀬田四丁目広場(旧小坂家住宅)団体見学申込書【MS-word】

深沢二丁目広場 問合せ03-6407-3311

深沢二丁目広場広場内には、三田家の長屋門・土蔵が残り、それらを包み込むように屋敷林が広がっています。三田家は、代々深沢の地に居住してきた旧家で、先代の故・弥兵衛氏で16代を数えます。

長屋門は、農家に建てられた物としては、現在世田谷に唯一建っているものです。土蔵は以前、穀倉として使われていました。これらの建物は、その周りの環境とともに、江戸時代の農家の佇まいを感じることができる貴重な空間をつくりだしています。

所在地:世田谷区深沢2-13-13  案内図はこちらから

  • 面積:4,256.03平方メートル

交通

東急田園都市線「駒沢大学」駅下車 徒歩15分
東急バス(用賀駅~JR恵比寿駅)「学芸付属中学校」下車 徒歩2分
東急バス(都立大学駅北口~成城学園前駅)または(弦巻営業所~JR目黒駅前)「深沢一丁目」下車 徒歩3分

ページ上部へ