本文へスキップ

ここから本文

市民まちづくりの支援

空き家等地域貢献活用事業

世田谷区では区内にある空き家等(空き家、空室、空き部屋)を地域資源と捉え、空き家等の地域貢献活用を目的とした相談窓口を開設しました。この窓口業務を世田谷トラストまちづくりが担っています。相談窓口では、地域貢献活用に提供いただける空き家等を保有するオーナーと、利用団体とのマッチングに取り組んでいます。空き家等を地域資源として有効活用することで、地域の人々がゆるやかにつながりを持ちながら共に暮らしていける「地域コミュニティの活性化・再生」をめざします。

目次

世田谷の空き家等活用ゼミナール

世田谷区内の空き家等を活用し、地域貢献活動している実践者に運営方法や建物改修などを伺い、実現性・継続性のある活動を進めていくためのポイントを学びます。活用物件見学では、改修箇所や活動スペースを体感することで、空き家等を活用する際の明確なイメージを持つことができます。

     

新型コロナウイルス感染症防止のため中止になりました講義をYouTubeで公開しました。たくさんのご視聴ありがとうございました。
配信期間:令和3年2月24日(水曜日)から3月15日(月曜日)正午まで

開催概要

日時 令和2年12月5日(土曜日)9時30分~13時00分
会場 世田谷区立上北沢区民センター 第1・2会議室 (世田谷区上北沢3-8-9)
※ 京王線「上北沢」駅南口 徒歩3分
受講条件 ・世田谷区内の空き家等を活用してまちづくりや地域貢献活動をする意思のある方及び団体
・世田谷区内に空き家等を所有する方
※ 区外の方もご参加いただけます。
※ 団体の場合、参加は1名のみとします。
見学物件 岡さんのいえTOMO(世田谷区上北沢3-5-7)
昭和の面影を残す築80年の小さな木造家屋。建物を一部改修し、こどもから大人までの地域の人々が気軽に立ち寄り、交流できる場を運営しています。
参加費 無料
募集人数 15名 ※ 応募多数の場合は抽選(世田谷区民の方を優先します)
応募締切 令和2年11月25日(水曜日)必着
主催 世田谷区、(一財)世田谷トラストまちづくり

講師陣

小池良実さん写真 ◆小池 良実(こいけ よしみ)
 岡さんのいえTOMOオーナー

<プロフィール>大叔母から託された昭和の面影を色濃く残す一軒家を、2007年に「まちのお茶の間」をめざして、世田谷トラストまちづくり大学卒業生をはじめとする仲間とともに運営会議を組織して活動を続け、年間2000人が訪れる地域の居場所として定着している。羽根木プレーパーク元世話人。東京ボランティア・市民活動センター運営委員。

金子有太さん写真 ◆金子 有太(かねこ ゆうた)
 フレイム一級建築士事務所

<プロフィール>耐震化に向けて行政の講師・相談員として防災まちづくりの技術普及に協力。2007年に世田谷観音に移築された築400年の旧小田原代官屋敷を現代寺子屋として企画・活用整備。以降、「住民主体のまちづくり」に携わる。東京建築士会世田谷支部所属。世田谷区街づくり専門家登録。



タイムテーブル ※プログラム等変更する場合があります。

  • 9:30-10:00 ガイダンス
  • 10:00-11:30 レクチャー①
  •   活動紹介|開設までの経緯、現在の活動、感染症の感染拡大を経験して

      改修説明|みんなで考えた改修プランづくりから実現までの経緯

  • 11:30-12:00 レクチャー②
  •   空き家等活用のための建築法規のイロハ、地域にひらく空間づくり

  • 12:00-13:00 活用物件見学
  •   改修箇所や改修のポイントを確認


これまでのゼミナール一覧

これまでに開催した世田谷の空き家等活用ゼミナールを紹介します。タイトルをクリックすると展開します。

令和元年度 世田谷の空き家等活用ゼミナール

平成30年度 世田谷の空き家等活用ゼミナール

平成29年度 第2回 世田谷の空き家等活用ゼミナール

平成29年度 第1回 世田谷の空き家等活用ゼミナール


お問合せ 空き家等地域貢献活用相談窓口
E-mail:ack@setagayatm.or.jp
電話番号:03-6379-1621(平日8:30-17:00)
ページ上部へ