本文へスキップ
  1. HOME
  2. トラストまちづくり事業
  3. 市民まちづくりの支援
  4. 世田谷トラストまちづくり大学

ここから本文

市民まちづくりの支援

世田谷トラストまちづくり大学

環境共生・地域共生の理念のもと、現場を知り・体験し・考える中から 身近なみどりの保全やまちづくり活動に携わる実践者の育成を目的としています。

令和3年度 世田谷トラストまちづくり大学「これからの居場所づくりを考える」 NEW!!

コロナ禍により日々の生活が一変し、地域でのつながり方も大きく変わりました。地域には様々な年齢や背景を持つ人々が暮らしています。お互いを受容し、人と人とのつながりを通して誰もが安心して暮らすことのできる社会はどのように形成できるのでしょうか。コロナ禍を経験した今、つながりの再構築に向けて居場所づくりを考える講座を開催します。「公開講座」では社会福祉の観点から住民主体の居場所づくりについて学び、「連続講座」では実際にある演習フィールドを対象に活用プランをグループワークで検討します。地域に関わろうと考えている方、居場所づくりをしている・しようとしている方、“これからの居場所づくり”について一緒に考えてみませんか?



公開講座「居場所づくりのはじめ方・つづけ方」

主旨 社会福祉学を専門とする熊田博喜教授から、住民主体で居場所づくりを行う大切さや、これからはじめるためのヒント・継続のポイントを講義いただきます。講義後は連続講座の説明会を開催します。気軽にご視聴ください。
日時 2022年1月8日(土曜日)13:30-15:30
会場 オンライン(Zoomを使用します)
定員 先着70名
参加費 500円/人
講師 熊田博喜(武蔵野大学 人間科学部 社会福祉学科 教授)
専門は地域福祉論、非営利組織論。東京都をはじめ数々の自治体の地域福祉計画の策定委員を務める。居場所づくりやNPO活動に関する著作多数。
プログラム 13:30-13:35 主旨説明
13:35-15:00 第1部〈講義〉「居場所づくりのはじめ方・つづけ方」
15:00-15:30 第2部〈連続講座の説明会〉
申込方法 「公開講座」の申込はPeatix Japan株式会社のサービスを利用します。
以下のURLから詳細をご覧いただき、お申し込みください。
https://toramachidai-openlecture-2022.peatix.com/
主催 一般財団法人世田谷トラストまちづくり

連続講座(全5回)

主旨 公開講座をふまえ、長年地域で実践されてきた方々をお招きし事例から学びます。学びや気付きをもとに、演習フィールド(二子玉川駅近く)の利活用を考えます。Zoomを使用したグループワークを中心とした連続講座です。
日時 第1回:1月29日(土曜日)13:30-16:00
第2回:2月5日(土曜日)午後
第3回:2月19日(土曜日)13:30-16:00
第4回:2月26日(土曜日)
第5回:3月5日(土曜日)13:30-15:30
会場 オンライン(Zoomを使用します) ※一部現地開催あり(二子玉川駅周辺)
定員 抽選20名
参加費 2,000円/人(学生は無料) ※当選者に支払方法をお伝えします
講師 上原幸子(NPO 法人砧・多摩川あそび村 理事長)
遠藤慧(世田谷区社会福祉協議会 連携推進課)
光岡明子(NPO 法人せたがや福祉サポートセンター 代表)
熊田博喜(武蔵野大学人間科学部社会福祉学科 教授)
申込方法 以下のエントリーシートをダウンロードし、記入の上、メールにてお申し込みください。
なお、全日程参加できる方を対象とします。Zoomでグループワークができる環境でご参加ください。
エントリーシート【Word形式 21KB】【PDF形式 321KB】

一般財団法人世田谷トラストまちづくり トラまち大学担当
メールアドレス:ack@setagayatm.or.jp
申込締切 2022年1月25日(火曜日)必着 ※1月17日から延長しました
主催 一般財団法人世田谷トラストまちづくり
           

連続講座の講師

     

上原幸子さん写真 ◆上原幸子
 NPO法人砧・多摩川あそび村 理事長
 武蔵野美術大学 通信教育過程デザイン情報学科デザイン総合コース 教授

1999年、多摩川河川敷の原っぱをフィールドに自然体験遊び場「砧・多摩川あそび村」を設立。2006年に世田谷区子ども計画として区の委託事業となり、現在週4日開園。2014年には地域住民が地域の子どもたちのために働く地域子育て支援拠点「おでかけひろば・きぬたまの家」を多摩川河川敷の近くに開設し、2015年にNPO法人設立。2019年「利用者支援事業」受託し、砧地域の子育て相談を担当。


遠藤慧さん写真 ◆遠藤慧
 世田谷区社会福祉協議会 連携推進課

烏山地域社会福祉協議会事務所長時に、精神障害のある方が気軽に参加でき居場所「上北沢えんがわカフェ」の立ち上げや、精神障害当事者が講師となる「こころのバリアフリー研修」プログラムづくりに携わる。現在は連携推進係長として、世田谷区社会福祉法人地域公益活動連絡協議会(せたがや公益協)の事務局を担当し、区内社会福祉法人との連携により、コロナ禍で急拡大する生活困窮者への食支援や就労支援の拡充に取り組む。


光岡明子さん写真 ◆光岡明子
 NPO 法人せたがや福祉サポートセンター 代表

23区南生活クラブ生活協同組合の理事を退任後、2000年にNPO法人せたがや福祉サポートセンターを設立。2012年に開設した「ここからカフェ」では、心の不調を感じる方がお茶を飲みながら「こころとからだ」をほぐすことができる居場所づくりを行っており、「みごろ広場」では代田富士356(みごろ)広場の花壇の水やり管理及び公園内の清掃管理、壁画メンテナンスや地域住民とのワークショップ等の活動を行う。現在、世田谷区地域包括支援センター運営協議会委員、世田谷区高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画改定委員など保険福祉分野で多くの委員を務める。


令和3年度 「参加のデザイン道具箱」オンライン講座 NEW!!

バナー画像

コロナ禍で、オンラインミーティングは、さまざまな場面で使われるようになりました。
今回の「参加のデザイン道具箱」講座は、紙とペンなど身近な道具を使って、オンラインコミュニケーションをいかによりよくするかを考えます。これからオンラインワークショップの企画を始めたい方や、オンラインにもどかしさを感じている方を対象としています。Zoomへ参加できる環境と、紙とペンがあれば、どなたでもお申込みいただけます。

「参加のデザイン道具箱」オンライン講座

主旨 紙とペンなど身近な道具をつかって、オンラインコミュニケーションをいかによりよくするかを考える講座です。
日時 2022年3月9日(水)13:30~16:30
会場 オンライン(Zoomを使用します)
定員 先着20名
参加費 2000円/人
講師 -奥村玄(株式会社GENプランニング 代表取締役)
世田谷区、横浜市、宮崎市、飯田市、高野町など各地でまちづくりの計画や条例策定等に携わる。ワークショップの企画運営は800回を超える。
-世田谷トラストまちづくり
プログラム 1. はじめに
2. アイスブレイク
3. オンライン会議のデザイン
4. オンラインでのファシリテーション
5. ファシリテーショングラフィック実践
6. 振り返り
【終了】
7. 終了後、任意参加のフリートーク(質疑応答など)タイム(16:30~17:00)
申込方法 お申込はPeatix Japan株式会社のサービスを利用します。
以下のURLから詳細をご覧いただき、お申し込みください。
https://toramachidai-dogubako-2022.peatix.com/
主催 一般財団法人世田谷トラストまちづくり

令和元年度
「参加のデザイン道具箱」講習会

平成30年度
「参加のデザイン道具箱」基礎編

平成29年度
連続講座「地域に役立てる家・建物の活かし方、残し方」

平成29年度
公開講座「参加のデザイン道具箱」講習会

平成27年度
「せたがや里山ライフのすすめ」

ページ上部へ