本文へスキップ

ここから本文

みどりの保全・創出制度

環境にやさしい街並づくり~3軒からはじまるガーデニング支援制度

地域の人たちが協力して進める、花とみどりの創出活動の立ち上げを支援し、みどり豊かな環境にやさしい街並づくりと、その活動をとおした地域コミュニティの創出を図っています。

※パンフレットの無断転載等の行為はご遠慮ください。

目次

制度の内容

対象となる場所

  • 区内の民有地で、誰もがその景観を共有できる、道路(袋小路含む)沿いの場所が対象です。

【注意】

  • 駐車場等では、駐車車両により緑化した部分への視界が妨げられる場合は対象外です。
  • 道路上等通行人の妨げになるような場所には、コンテナ等を設置することはできません。
  • 既に植栽されている場所については、既存のみどりを活かしてください。

支援グループの要件

以下の全てを満たすグループ。

  • 区民(同居の親族は除く)3軒以上で構成されたグループ。
  • メンバーそれぞれが、お住まいの住宅で緑化活動を行うグループ。
  • 原則として、一街区程度の一つの通りに面する住宅(交差点を挟んで接する住宅も含む)に住む区民により構成されたグループ。ただし、集合住宅については、一戸の住宅とみなし、所有者の承諾が必要です。
  • 地域での花とみどりあふれるまちづくり活動に理解と熱意があり、継続する意思があること。

※グループメンバー間で、「環境にやさしい街並づくり協定」を結んでいただきます。

【注意】

  • 集合住宅は一戸の住宅とみなすため、居住者の方が一人でも支援を受けると、他の居住者は新たに支援を受けることができなくなりますので、申込み時に他の所有者の方への参加のお声掛けをお願いします。
  • 管理組合がある集合住宅については、管理組合をメンバーとみなし登録します。
  • 皆様の活動が分かる「専用プレート」をお渡ししますので、活動場所への設置をお願いします。
  • 制度の普及とグループ同士の交流を図るための、交流会や活動現場見学会へのご協力・参加をしていただきます。
  • 財団の広報・普及活動に関し、ホームページで事例を紹介する等の情報発信を行っていますので、ご協力をお願いします。

※詳しい要件については、お問い合わせください。

支援期間

  • 2年間

※グループからの届け出により、新たにメンバーが加入した場合には、追加の支援を行います(追加支援はグループの登録より5年間を限度とします)。

主な支援の内容


<実施場所にはプレートを設置します>

支援内容1 ガーデニングアドバイザーを派遣します

[2年間で最大5回]
グループの皆さんの植栽環境やライフスタイルに合わせ、緑化プランづくりのアドバイス、植栽施工のご指導、2年目の見直しなどにガーデニングアドバイザーを派遣して、魅力的な「場」づくりのお手伝いをします。
※ガーデニングアドバイザーは、活動へのアドバイスをするために派遣するものです。緑化プランの作成、植栽の施工・維持管理はグループメンバーで協力して行ってください。

支援内容2 緑化資材購入費の一部を助成します

[2年間で上限2万5千円/軒]
緑化プランの実現に向けて、ご自身が選ばれた緑化資材などの一部をご負担いたします。助成の補助率は5割で、かつ1軒あたりの上限額は1年目:2万円、2年目:5千円の計2万5千円までとなります。

  • 助成対象となる資材
    草花の苗や種、樹木の苗木、用土類、肥料、鉢類、煉瓦、ラティス、自然農薬(木酢液、竹酢液)、ベンチ(誰もが使用できるように設置する場合のみ可)など
  • 助成対象とならない物
    道具類(スコップ、ハサミ、鎌、クワ、散水用具、脚立など)、農薬類

※ご提出いただいた緑化プラン・実施報告書をもとに、助成額を決定します。

支援内容3 区の緑化に関する助成制度への橋渡しをします

世田谷区でも、「世田谷みどり33」の実現をめざして、緑化に関する各種助成制度を行っています。現地調査、あるいは緑化プランづくりの際に、活用できそうな制度のご紹介と担当部署への橋渡しをいたします。
※区の助成制度を利用する場合は、この制度とは別に、助成を受ける方による、区への申請手続き等が必要です。

問合せ トラストみどり課 3軒からはじまるガーデニング支援制度担当
電話番号:03-6379-1620 ファクシミリ:03-6379-4233
ページ上部へ