本文へスキップ
  1. HOME
  2. トラストまちづくり事業
  3. トラまち絵日記
  4. スタッフ絵日記と季節の見どころ

ここから本文

スタッフ絵日記と季節の見どころ情報

トラストまちづくり課の日常や各緑地の季節の見どころなどをスタッフの目線から皆さまにお届けします。

2017年12月22日

猪股邸に遊ぶⅤ ~数寄屋造りで古典落語を聴く~ (12・3)

 当財団とNPO法人木造建築文化研究センターとの共催で毎年行っている『猪股邸に遊ぶ』も早や第5回を数えます。今回は、古今亭駿菊師匠をお招きして日本の伝統芸能である古典落語の独演会を開催しました。
古今亭駿菊さんは、平成23年東日本大震災のおり、笑いを東北に届ける「今こそ落語と笑いを配達する演芸団」を結成しました。日本各地でのキャンドル制作を通じ、東北を感じ考えるイベントを多数開催されています。平成28年からは熊本にも笑いを届ける活動をおこなっており、仮設住宅、公民館、病院等で落語会を290回以上開催されています。
 当日は寒いながらも晴天に恵まれ、庭園に面したじゅうたん敷きの居間は、満席となりました。前半は、身近な話題を匠みに折り混ぜながら、東北や熊本での活動エピソードを、後半は古典落語「宗珉の瀧」をご披露頂きました。来場者の笑いが廊下まで響きわたるほどあったかと思えば、しっとりとなるひとときもありました。来場者の方から、「楽しかった」「落語と紅葉の庭園が溶け合っていて時間を忘れた」「落語をこんなに間近に鑑賞できる機会はあまりないのでよかった」「次の企画を楽しみにしています」など感想を数多くいただきました。
 たくさんのご応募、ご来場、ありがとうございました。

古典落語を聴くの写真

2017年12月22日

瀬田農業公園(分園)食育イベントを開催しました(平成29年11月19日)

 瀬田農業公園(分園)で収穫された「小麦」を使った食育イベントを開催しました。昨年11月のオープニングイベントで実施した「種まき体験!」の参加者を対象に、2月に麦踏み、6月に小麦の刈取り及び脱穀の体験イベントを行いました。そして今回はフラワーランド事務棟2階に於いて、小麦について学び、その後みんなで調理をして実際に味わう体験を実施しました。分園で収穫した小麦を製粉した全粒粉と、同じく分園で収穫した大根・人参・小松菜を具材とした「すいとん」の他、こねた小麦粉に小豆を混ぜて薄焼きにした「なつかしおやつ」を作って、みなさんで試食しました。
 子ども連れで参加したお母様からは「自分たちで種を播いたのを収穫して、調理して食べるなんて、すばらしいですね」とおっしゃって頂けました。子ども達も積極的に調理に参加してくれて楽しそう。全粒粉で作った料理もおいしくて、みなさん満足げでした。

食育イベントの写真

ページ上部へ